植毛・自毛植毛の親和クリニックは、研鑽の自毛技術と豊富な実績で信頼される優しい医療を目指す東京の薄毛治療専門クリニックです

HOME モニター募集
(植毛体験者)
電話する 無料相談
予約する
コラム コラム

AGA治療をやめるとどうなる?
薬で完治しない理由と
1回で終われる画期的な治療法

『AGA治療をやめるとどうなるの?』 『ずっと治療しても完治しないって本当?』

AGA治療は、現代の医学では完治できません。長期継続的な治療が必要になるため、お金と手間暇がずっとかかり続けます。治療途中で挫折する方も多く、無情にもその時点から薄毛はまた進行を始めてしまいます。薄毛治療にゴールはないのでしょうか?

今回は、AGA治療をやめるとどうなるのかを解説しつつ、1回で終わる画期的な治療法も紹介していきます。

この記事を読めば、AGA治療の新たなゴールを見つけられます。

AGA治療をやめるとどうなる?

AGA治療をやめるとどうなるの?

結論から先にお伝えすると、AGA治療薬をやめると再びAGAは進行を始めます。なぜなら、AGA治療薬は、AGAの進行抑制と発毛促進の効果しかないからです。

残念ながら、AGAは完治しない脱毛症なのです。AGA治療薬は、薄毛を改善したいと考える限り、続けなければいけません。途中でやめたり、お休みしたりすれば、AGAの進行が加速する場合もあるので注意が必要です。

AGA治療をやめるということは、薄毛になることを受け入れるということになります。薄毛を改善したいとお考えなのであれば、自己判断で治療をやめたり減薬したりしない方が良いでしょう。

AGA治療をやめることは薄毛になるということ

なぜAGAは完治しないのか?

AGAは体内のホルモンバランスの変化によって引き起こされる脱毛症です。体内のホルモンバランスは、加齢や遺伝の影響を受けて徐々に変化していきます。現代医学では、加齢や薄毛の遺伝的影響を止めることはできません。そのため、AGAは完治することができないのです。

ただし、AGA治療薬によって、AGAの進行を抑え発毛を促すことは可能です。治療が早ければ、薄毛が改善された状態を長くキープすることもできます。

AGA治療は完治しませんが、治療が早ければ薄毛を改善することができるようになっています。薄毛や抜け毛を改善したいとお考えなら、できるだけ早めに治療を開始されることをおすすめいたします。

薄毛治療の親和クリニックでは、無料相談を実施しています。薄毛治療でお悩みの方は、どうぞお気軽にご予約下さい。

無料相談はこちら 【セルフ診断】
あなたの自毛植毛、何本必要?

AGAの仕組みとは?

AGAは、男性ホルモンであるテストステロンが、5αリダクターゼという還元酵素と結びつき、DHT(ジヒドロテストステロン)に変換され、DHTが脱毛因子に作用することで薄毛が進行していきます。

AGAの仕組みとは?

AGAになると、毛髪のライフサイクルが短縮化し、太く長い髪に成長する前に抜け落ちてしまいます。通常、毛髪のライフサイクルは2年~6年ほどありますが、AGAになると髪が十分に成長しないまま退行期に入ってしまいます。そのため、抜け毛の中に短いものや細いものが含まれている場合は、AGAが進行している可能性が高いです。

また、5αリダクターゼⅡ型は前頭部や頭頂部に多く存在するため、AGAは生え際やつむじのあたりから薄毛が進行し始めるという特徴があります。側頭部や後頭部に比べて、前頭部や頭頂部の髪のボリュームが減ってきたと感じる場合は、AGAを発症している可能性が高いです。

AGAと通常のヘアサイクルの違い

AGAは若くても発症する

AGAは若い方でも発症する可能性があります。AGAは20代で約10%、30代で約20%の確率で発症することがわかっていて、中高年男性の問題だけとは限らないのです。

男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

『まだ若いから・・・』 『気のせいかも・・・』

このような思いから治療を先延ばしにしていると、AGAはどんどん進行していきます。AGAは若くても発症する可能性がありますので、薄毛が気になり始めたらAGA診断だけでも早めに受けておくことをおすすめします。

若くても薄毛は発症する

AGA治療はいつやめる?

AGAは完治できない脱毛症であるため、薄毛を改善したいという考えがある限り、治療を続ける必要があります。そのため、治療をやめるタイミングは医師と相談しながら決めると良いでしょう。

例えば、以下のような場合に、AGA治療をやめるケースが多いです。

  • 薄毛が気にならない年齢になった
  • 薄毛が気にならない気持ちになった
  • 薬の副作用が心配になった
  • お金や手間暇が負担になった
  • 改善が見込めないほどAGAが進行した

AGA治療にはあらかじめ決まった明確なゴールはありません。そのため、薄毛が気にならない年齢や気持ちになるまで続けるケースがほとんどです。他には、薬の副作用が心配になったりお金や手間暇が負担に感じたりして、治療をやめる場合もあります。

AGA治療はいつやめるのか

特に費用面での負担は大きいかもしれません。例えば、30代前半でAGA治療を開始、月1万5000円のAGA治療薬を50代前半まで使った場合、治療期間はおよそ20年です。月1万5000円×12ヶ月×20年となると、トータルコストは360万円にもなります。

月1万5000円の治療を
20年間続けた場合
月1万5000円×12ヶ月×20年=
360万円

本当はもっと治療を続けたいと思っても、費用負担が大きくなって継続できなくなる可能性もあります。定期的な通院や薬を飲んだり塗ったりする毎日の手間暇も負担に感じやすい部分です。

また、AGA治療薬を使っていても、薄毛の改善が見込めないほどAGAが進行する場合もあります。AGA治療薬は毛根が死滅した部分に発毛させることはできないため、AGAが進行しすぎてしまうと治療をしても効果がありません。

上記のような理由から、いつやめるのか、どこまで治療を続けるかは、患者さまのお考え次第ということになります。

AGA治療を長期的に継続するには、お金も時間もかかります。やめたら治療の効果はそこで終わり。なんだかコスパが悪いように感じるかもしれません。

『AGA治療をやめる方法はないの?』
『ゴールはもっと明確な方がいい!』

そのようにお考えの方であれば、1回の治療で完了できる自毛植毛がおすすめです。

費用面の負担について

1回で完了するAGA治療とは?

長引くAGA治療をやめたいとお考えであれば、1回の治療で完了できる自毛植毛がおすすめです。

自毛植毛は、AGAになりにくい後頭部や側頭部の自毛を、生え際や頭頂部に移植することで薄毛を改善する外科手術です。移植した毛髪は自分のものなので、副作用の心配はほとんどなく、生着した毛髪はその場で生え続けることができます。

薄毛になった部分に自毛を生やすことができるため、薄毛が根本から改善される画期的な治療法です。しかも、自毛植毛は1回の治療で完了できるため、定期的な通院や日々の手間暇が必要ありません。

長期継続的なAGA治療が難しいと感じる方、AGA治療に明確なゴールが欲しい方には、自毛植毛は非常におすすめな治療法となっています。

1回で完了するAGA治療について

自毛植毛のメリット

自毛植毛の主なメリットは以下の3つです。

  • AGA治療をやめられる
  • 治療効果が持続する
  • トータルコストが安い場合も
  • 副作用の心配がほとんどない
  • 毎日がとても楽に過ごせる

それぞれを解説します。

自毛植毛のメリット

AGA治療をやめられる

自毛植毛のメリット1つ目は、AGA治療をやめられることです。

自毛植毛は、1回の治療で完了できます。そのため、長期継続的な治療が必要なAGA治療薬と異なり、自毛植毛が終われば治療をやめることができます。

自毛植毛もAGAを完治することはできませんが、薄毛になった部分に自毛を生やすことができます。薄毛になった見た目が改善されるので、治療を終わらせることができるのです。

AGA治療に明確なゴール設定が欲しい方、終わりが見えない治療を長く継続したくない方には、自毛植毛がおすすめの治療法です。

治療効果が持続する

自毛植毛のメリット2つ目は、治療効果が持続することです。

自毛植毛で移植した毛髪の多くは、その場で生着して生え続けることができます。移植する毛髪はAGAの影響を受けにくい後頭部や側頭部の自毛です。後頭部や側頭部の毛髪が持つAGAの影響を受けにくい性質は、移植後も変わることはありません。そのため、自毛植毛で治療した効果は半永久的に持続します。

一方、AGA治療薬の効果は、薬の使用を継続しない限り持続しません。AGA治療薬をやめてしまえば、その時点から再び薄毛は進行し始めます。そのため、薄毛を改善したいと思う限り、長期継続的な治療が必要になります。

長期継続的な努力が難しいと感じる方、AGA治療にお金をかけ続けることに不安を感じる方には、自毛植毛がおすすめの治療法です。

治療効果が持続する

トータルコストが安い場合も

自毛植毛のメリット3つ目は、トータルコストが安い場合もあることです。

自毛植毛は、非常に精密な外科手術であるため、1回の治療費は高額になりがちです。例えば、親和クリニックで1000株の自毛植毛を行った場合、その費用は121万円となっています。

1回の治療で121万円ですから、安いと感じる方はあまり多くないかもしれません。

しかし、AGA治療薬のトータルコストと比較してみると、決して高いとは言い切れないのです。例えば、月1万5000円のAGA治療薬による治療を20年間継続した場合とのトータルコストの比較は以下の通りとなります。

トータルコストが安い場合もある
AGA治療薬 自毛植毛
1回あたりの
治療費
月1万5000円
(内服薬×外用薬
を想定)
121万円
(1000株を
移植した場合)
20年間
継続した場合
(30代前半~
50代前半)
月1万5000円×
12ヶ月×20年
1回の治療費で完了
トータルコスト 360万円 121万円

上記の例の通り、AGA治療薬を長期継続した場合、自毛植毛の方がトータルコストが安くなる場合もあります。AGA治療薬にお金をかけ続けたくないと思われる方には、自毛植毛がおすすめの治療法です。

副作用の心配がほとんどない

自毛植毛のメリット4つ目は、副作用の心配がほとんどないことです。

自毛植毛は、自分の毛髪を移植するため、拒絶反応が起きることはありません。最新の自毛植毛術ならメスを使わないため、術後の痛みや傷も残りにくいです。

親和クリニックの自毛植毛なら、翌日にはクリニックで洗髪も可能です。ダウンタイムが少ないので、頭皮を清潔に保つことができ、かゆみやかぶれも最小限に抑えることができます。

一方、AGA治療薬にはまれに副作用が起きる可能性があります。また、副作用がまれであったとしても、薬を長期で使用することに不安を感じてしまう方もいらっしゃいます。

AGA治療の副作用が心配な方には、副作用の心配がほどんどない自毛植毛がおすすめです。

副作用の心配がほとんどない

毎日がとても楽に過ごせる

自毛植毛のメリット5つ目は、毎日がとても楽に過ごせることです。

自毛植毛で生着した毛髪は、そのまま生え続けることができますので、定期的に治療を行ったり、特別なメンテナンスをしたりする必要がありません。洗髪や散髪も普通通りに行っていただけますし、朝も寝癖を直すだけで身だしなみは完了できます。自毛植毛なら、薄毛になる前の状態に近づくことができるので、毎日がとても楽に過ごせます。

一方、AGA治療薬は毎日の手間暇が大変です。薬を飲んだり塗ったりするだけでなく、薬を処方してもらうために定期的な通院も必要です。AGAが完治するわけではないため、こうした手間暇は薄毛治療をやめるまでずっと続くことになります。

もっと毎日を楽に過ごしたい方、ストレスフリーで人生をいきいきと楽しみたい方には、自毛植毛がおすすめの治療法です。

毎日がとても楽に過ごせる

自毛植毛なら親和クリニックがおすすめ

自毛植毛で薄毛を根本的に改善したいとお考えの方には、自毛植毛専門の親和クリニックがおすすめです。

親和クリニックは、

  • 年間1,500件以上の手術実績と豊富な症例
  • 90~95%以上の高い生着率
  • 1回5,000株以上の大量移植も可能
  • メスを使わず痛みや傷が残りにくい
  • 全国に5院を開設(新宿、銀座、名古屋、大阪、福岡)

という特徴があり、多くの患者さまの薄毛のお悩みを解決してきました。

自毛植毛が気になる方、自毛植毛についてご不明な点やご質問がある方は、ぜひ親和クリニックの無料相談をご利用ください。親和クリニックの無料相談は、プライバシーに配慮した完全予約制・完全個室で実施するため、安心して薄毛のお悩みをご相談できます。

また、公式ホームページでは紹介しきれないほどの多数の症例があるため、どの程度の薄毛がどこまで改善したのかを詳しくご説明することができます。薄毛のお悩みはお一人で抱え込まず、ぜひ親和クリニックへご相談ください。

自毛植毛なら親和クリニックがおすすめ

まとめ 
自毛植毛なら
AGA治療をやめられる

今回は、AGA治療をやめるとどうなるのかについて解説しました。

AGA治療薬はAGAを完治させる効果がないため、治療をやめると薄毛が再び進行し始めてしまいます。長期継続的な治療が必要になる薄毛対策です。

一方、自毛植毛なら1回の治療で完了できるため、AGA治療を終わらせることができます。長期継続的な治療が難しいと感じる方、薬を長期で使うことに不安を感じる方、トータルコストをできるだけ抑えたいと思われる方は、自毛植毛をご検討ください。

親和クリニックでは、自毛植毛に関する疑問や質問をご相談いただける無料相談を実施しています。新宿、銀座、名古屋、大阪、福岡に5院を構え、どの院もターミナル駅から近いため、仕事帰りやおでかけついでに立ち寄りやすい場所になっています。

遠方の方には無料メール相談も行っておりますので、薄毛でお悩みの方は親和クリニックまでお気軽にご相談ください。

自毛植毛ならAGA治療をやめられる
無料相談はこちら 【セルフ診断】
あなたの自毛植毛、何本必要?
[ このコラムの著者 ]

親和クリニック 総院長 
音田 正光

親和クリニック 総院長 音田 正光

大学を卒業後、一般外科、消化管外科、乳腺内分泌外科の臨床、および分子生物学、腫瘍学の研究に約十数年従事。その後、植毛手術を開始。
最初の5年間はFUSS手術をメインに執刀。症例数は約1,000例を超え、その後はFUE手術を行う。FUE手術の症例数は約2,000例にものぼる。
平成20年、採取に動力パンチを用いたFUE手術に関する論文を執筆。この分野における先駆的報告と評価される。

親和クリニック 総院長 音田 正光

おすすめコンテンツ

親和クリニック各院のご紹介

全国5院に展開。お近くのクリニックにてご相談を承ります。

全国5院展開 親和クリニック 総合サイト 全国5院展開 親和クリニック 総合サイト

お問い合わせ・ご予約はこちら

受付時間 9:30~19:00[年中無休]