植毛・自毛植毛の親和クリニックは、研鑽の自毛技術と豊富な実績で信頼される優しい医療を目指す東京の薄毛治療専門クリニックです
HOME モニター募集
(植毛体験者)
電話する 無料相談
予約する
コラム コラム

眉毛植毛とは?
自毛植毛で解消できる
お悩みやメリット・デメリットを専門医がやさしく解説

眉毛の植毛をする方が増えています。眉毛にお悩みを抱えている方は意外と多いのです。しかし、

  • 眉毛植毛でどんな悩みが解決できるの?
  • 眉毛植毛のメリットは?
  • 眉毛植毛にデメリットはないの?

そんな疑問も浮かんでくることでしょう。

そこで今回は、眉毛植毛で解決できる悩みや眉毛植毛のメリット・デメリットを詳しく解説していきます。

この記事を読めば、眉毛のお悩みを根本から解決する方法がわかります。

眉毛の植毛とは

眉毛の植毛とは

眉毛の植毛とは、眉毛が生えていない部分や、眉毛が薄い部分に自分の毛髪を移植することを言います。

植毛される毛は、主に自分の後頭部から採取します。自分の毛髪を生きた組織ごと移植するため、合併症や後遺症のリスクが少なく、移植された毛は生涯に渡り生え変わり続けます。

眉毛は顔の目立つ部分なので、お悩みを抱える方も多いです。前髪で隠したり、メイクでカバーしたりしている人がほとんどですが、毎日の手間が大変ですし、悩みを根本的に解決できているわけではありません。

眉毛の植毛なら、眉毛のお悩みの根本的な解決策になり得ます。眉毛がない部分に、ご自身の毛を生やすことができるからです。

次に眉毛植毛で解決できるお悩みについて解説していきます。

眉毛植毛で解消できる
お悩み

眉毛のお悩みにはさまざまな理由があります。眉毛植毛で解決できる主なお悩みを5つ紹介します。

  • 生まれつき眉毛が生えない部分がある
  • 傷跡があり眉毛が生えない
  • 眉毛の形を整えたい
  • 眉が薄い
  • 眉を書く手間が大変

あなたのお悩みに近いものがあれば、眉毛植毛で解決できるかもしれません。
それぞれを解説します。

眉毛の植毛でお悩み解消された女性

生まれつき眉毛が生えない部分がある

眉毛植毛で解消できるお悩みの1つ目は、生まれつき眉毛が生えない部分がある場合です。

もともと眉毛が生えてこない部分がある方は、眉毛植毛でお悩みが解決できます。

眉毛の一部分だけ、もしくは眉頭や眉尻に不自然に眉毛が生えていない部分があると顔の印象が気になってしまい、表情が暗くなってしまう方も多いでしょう。

メイクで補うこともできますが、ずっと眉毛をコンプレックスに感じていた、という声も多く聞きます。

眉毛が生えない部分に植毛をすることで、メイクせずとも眉毛が生えてくるので、これまでのお悩みを根本的に解決することができます。

生まれつき眉毛が生えない部分がある

傷跡があり眉毛が生えない

眉毛植毛で解消できるお悩みの2つ目は、傷跡があり眉毛が生えない場合です。

眉に傷ができて、その部分の眉毛が欠損してしまった方もいます。眉毛が無いだけでなく、傷跡が目立ってしまう点に悩まれている方もいるでしょう。

眉毛が無い部分を前髪やメイクで隠すこともできますが、根本的な解決法ではないためお悩みはずっと付きまといます。

眉毛植毛は傷跡があっても、眉毛が欠損した部分にご自身の毛を移植することができます。植毛して毛が生えることで、傷跡も目立ちにくくなる場合もあります。

傷跡があり眉毛が生えない

眉毛の形を整えたい

眉毛植毛で解消できるお悩みの3つ目は、眉毛の形を整えたい場合です。

自分の眉毛の形が好きではない、という方は少なくありません。理想的な眉毛の形にするためにメイクをすることは当たり前となっていて、最近ではアートメイクで形を整える方も増えています。

しかし、メイクやアートメイクも永久的な効果は得られないため、都度の手間やコストがかかり続けます。また、自然な仕上がりにならない点で悩まれる方も多いです。

眉毛植毛なら、ただ描くのではなく自分の毛髪を生やすことで眉毛の形を整えることができます。色や雰囲気も違和感なく眉が整い、立体的な眉毛を実現できます。眉毛植毛によって、眉毛はノーメイクになったという方もいらっしゃいます。

眉毛の形を整えたい

眉が薄い

眉毛植毛で解消できるお悩みの4つ目は、眉が薄い場合です。

眉毛が薄いことを毎日気にされる方も多いです。メイクで濃くすることはできますが、日々の手間をかけずにもっとナチュラルな印象に変えたいと考える方もいます。

眉が薄いと表情が冷たい印象になってしまいがち。周りからどう見られているかが気になって、人前に出るのが億劫になってしまうことも。

元々は眉毛が濃かった人でも、年齢とともに薄くなったり、抜きすぎて薄くなったりする場合もありますよね。

眉毛植毛なら、眉の薄さを改善できるだけでなく、ご自身の毛がその後もずっと毛が生え続けます。ぬくもりのある豊かな印象になれたら嬉しいですね。

眉が薄い

眉を書く手間が大変

眉毛植毛で解消できるお悩みの5つ目は、眉を書く手間が大変な場合です。

メイクで眉を整える場合、毎朝眉毛を書いたり、日中もこまめに鏡で気にしたりと、毎日の手間が大変だというお悩みも多いです。

気づいたら時間の経過で薄くなってしまったり、こすれて形が崩れてしまったりすることも。そのたびにメイクを直すのは非常に面倒ですよね。

眉を書く手間が大変

眉毛植毛のメリット

眉毛植毛なら、眉毛に関するお悩みを根本から解決できます。

眉毛植毛の主なメリットは以下の3つです。

  • 自毛で眉毛を補うことができる
  • 植毛した毛髪は生え続ける
  • 毎日眉を書く必要がなくなる

それぞれを解説していきます。

眉毛植毛のメリット

自毛で眉毛を補うことができる

眉毛植毛のメリット1つ目は、自毛で眉毛を補うことができるということです。

眉毛を自毛で補えれば、色合いも自然で違和感なく眉を整えることができます。自毛であるがゆえのナチュラル感は、他の対策とは比べ物にならない仕上がりと言えるでしょう。

顔の印象も良くなり、結果的に表情も明るくなっていきます。自分に自信が持てるようになり、外出も楽しくなることでしょう。

植毛した毛髪は生え続ける

眉毛植毛のメリット2つ目は、植毛した毛髪は生涯にわたり生え続けるということです。

自毛植毛なら、移植した毛は移植先で生え続けることができるため、お悩みを根本的に解消することができます。

眉毛が無くなったところや薄いところに植毛すれば、そこに毛が定着し半永久的に生え続けます。あなたの長年に渡る眉毛のお悩みを終わらせることができます。

眉を毎日書く必要がなくなる

眉毛植毛のメリット3つ目は、眉を毎日書く必要がなくなるということです。

自毛を植毛し定着すれば、その後は毛が生え変わり続けるため、これまでのように眉を毎日書く必要がなくなります。

忙しい朝も、大切な人に会う時も、ちょっと外出する時でも、いちいち眉を書く必要が無くなるのです。眉を書くのは5分~10分程度のことかもしれません。しかし、それが一生続くのか、今後は必要無くなるのか、手間と時間の差は非常に大きなものになるでしょう。

身支度がすごく楽になるだけでなく、人生の大切な時間をもっと有意義に使うこともできるのです。

眉毛のお悩みを植毛で根本的に解決すれば、その後の人生の過ごし方も大きく変わっていくことでしょう。

眉毛植毛のデメリット

眉毛植毛なら眉毛のお悩みを根本的に解決することができます。しかし、デメリットがないわけではありません。

デメリットも知っておかないと、眉毛植毛で後悔したり過度な期待や勘違いをしたりしてしまいます。眉毛植毛のデメリットもしっかりと押さえておきましょう。

眉毛植毛の主なデメリットは以下の3つです。

  • 長く伸びたり太くなったりする
  • 定期的な手入れが必要
  • 術後に腫れや痛みが出る場合もある

それぞれを解説します。

眉毛植毛のデメリット

長く伸びたり太くなったりする

眉毛植毛のデメリット1つ目は、移植した毛が長く伸びたり太くなったりするということです。

眉毛植毛は、主に後頭部の髪を眉に移植します。眉毛と後頭部の髪の毛では、伸びる長さも太さも異なります。

植毛後は、眉から後頭部の髪の毛が生えてくるということです。

そのため、長く伸びたり、他の眉毛と比べ若干太いと感じたりします。生えてくるのはあくまで髪の毛なので、周りと同じような眉毛が生えてくるわけではありません。

しかし、長く太く伸びる毛は、定期的に切ってあげれば済む話です。自毛植毛はその場で生え続けてくれるというメリットがありますので、眉のお悩み解決ができます。

定期的な手入れが必要

眉毛植毛のデメリット2つ目は、定期的な手入れが必要ということです。

眉毛植毛で生えてくる髪は、長く伸びたり太くなったりしますので、定期的な手入れが必要です。

眉毛を整えることを日常的に行っている方は問題ないと思いますが、眉の手入れをしたことが無い方は、面倒に感じるかもしれません。

手入れをしないと眉から長い毛が伸び続けてしまいます。伸びるスピードは、髪の毛と同じ1ヶ月1センチ程度です。

そのため、最低でも月に1回は短くカットする必要があります。それでも毎日眉を書く手間に比べれば、かなり楽になります。

術後に腫れや痛みが出る場合もある

眉毛植毛のデメリット3つ目は、術後に腫れや痛みが出る場合もあるということです。

自毛植毛は長期的な後遺症や合併症が少ないというメリットがありますが、手術は侵襲(傷をつけること)を伴いますから、後頭部の毛髪を採取した部分や移植した眉の周りに痛みや腫れが出る場合があります。

自毛植毛は外科手術なので、腫れや痛みが伴う場合があるということをご理解ください。

ただし、いまの自毛植毛はメスで切らずに毛根を採取するものや、移植部も腫れにくい術式もあります。腫れや痛みをなるべく抑えたい方は最新の術式を選ぶと良いでしょう。

眉毛植毛をするなら

眉毛植毛をするなら親和クリニック

眉毛植毛をするなら、自毛植毛専門の親和クリニックにご相談ください。親和クリニックなら、全国5院(新宿・銀座・名古屋・大阪・福岡)にて自毛植毛をはじめとした薄毛治療に精通した医師陣があなたの疑問やお悩みを解決します。

自毛植毛なら、AGAの影響を受けない後頭部・側頭部の毛髪を移植するので、拒否反応を起こすことなく自然に毛髪を生やすことが可能です。

親和クリニックでは、無料相談を行っております。眉毛のお悩みを解決していきたい方は、ぜひ一度ご相談ください。

無料相談はこちら 【セルフ診断】
あなたの自毛植毛、何本必要?

眉毛植毛についてよくある質問

眉毛植毛はどこの毛を移植するのですか?

薄毛になりにくい後頭部や側頭部の髪の毛を組織ごと採取して眉毛に植毛します。経験豊富な医師が眉毛になじみやすい毛髪を選んで採取しますのでご安心ください。

薄毛の自毛植毛と一緒に眉毛植毛も治療できますか?

同日に治療が可能です。カウンセリングの際に、ぜひ気になる部位をご相談ください。

まとめ
眉毛植毛とは

今回は、眉毛植毛について解説しました。

自分の毛を眉に植毛すれば、眉毛に関するお悩みを根本的に解決できます。移植した毛は、その場で生え変わり続けますので、半永久的にお悩みが解消します。

ただし、移植した毛は長く伸びてしまったり、周りの眉毛と比べると太く見えたりしますので、定期的な手入れは必要です。

しかし、自毛植毛なら、毎日眉を書いたり、ずっと治療費がかかったりすることからも解放されます。

眉毛のお悩みを抱えている方は、まずは親和クリニックの無料相談を受けてみてはいかがでしょうか?

以上、眉毛植毛とは?自毛植毛で解消できるお悩みやメリット・デメリットを専門医がやさしく解説でした。

[ このコラムの著者 ]

親和クリニック 総院長 
音田 正光

親和クリニック 総院長 音田 正光

大学を卒業後、一般外科、消化管外科、乳腺内分泌外科の臨床、および分子生物学、腫瘍学の研究に約十数年従事。その後、植毛手術を開始。
最初の5年間はFUSS手術をメインに執刀。症例数は約1,000例を超え、その後はFUE手術を行う。FUE手術の症例数は約2,000例にものぼる。
平成20年、採取に動力パンチを用いたFUE手術に関する論文を執筆。この分野における先駆的報告と評価される。

親和クリニック 総院長 音田 正光

おすすめコンテンツ

親和クリニック各院のご紹介

全国5院に展開。お近くのクリニックにてご相談を承ります。

全国5院展開 親和クリニック 総合サイト 全国5院展開 親和クリニック 総合サイト

お問い合わせ・ご予約はこちら

受付時間 9:30~19:00[年中無休]